iPhoneで写真を編集・加工する:Markupの使い方

ここではiPhoneの写真アプリで、写真を編集・加工する方法を解説します。

写真の簡易編集

iPhone (写真)の中から任意の写真を選び、 画面右上の「編集」(iOS11以降)または をタップすると表示中の写真の簡易編集を行うことができます(iOS5以降)。 ただしカメラを搭載していないモデルには簡易編集の機能はありません。
で自動画質補正ができます。
でトリミング(部分切り取り)と回転ができます(iOS8以降)。
でフィルタ効果が設定ができます。(iOS7以降)
でライト/カラー/白黒など各種パラメータの調整ができます。(iOS8以降)
で他の編集ツールを起動することができます。(iOS10以降)
でLivePhotoのON(動画付き)/OFF(動画無し)を切り替えることができます。(iOS9以降)
編集操作すると右下に表示される をタップすると、編集結果がコピー保存されます。元の写真はそのまま残されます。
をタップすると簡易編集をキャンセルします。
iOS7以前にあった赤目補正は、iOS8以降なくなりました。
iPhone 自動画質補正
をタップするたびに自動画質補正がオン/オフされます。 明度や彩度、コントラストやシャープネスなどが自動補正されるようです。 明るいところで撮影した鮮明な写真では、あまり効果はわかりません。
逆光や暗いところで露出不足など、いまいちの撮影条件であった場合に試してみると良いと思います。
iPhone トリミングと回転
をタップするとトリミング(部分切り取り)と回転ができます(iOS8以降)。 まずは自動的に傾き補正が行われます。これをやめたいときは「戻す」をタップします。 また、写真下の角度メモリを左右にドラックすると、任意の角度に回転できます。
をタップするたびに90度ずつ左回転できます。
写真を1本指でドラックすると位置を移動できます。
写真を2本指でピンチオープン/ピンチクローズすると、拡大・縮小できます。
写真の四隅の「カギかっこ」マークをドラックすると、画面に格子状の線が表示され、トリミングする選択範囲を変更できます。
iPhone をタップすると、このようなメニューが表示されます。 選択範囲の縦横比を変更することができます。スクエア(正方形)など、狙った縦横比で一発選択したいときに便利です。
iPhone フィルタ
をタップするとこのような画面になります。 (iOS7以降)
画面下部に各フィルタのサンプル写真が並びます。 任意のサンプル写真をタップすると適用されます。
iPhone ライト/カラー/白黒
をタップするとこのような画面になります(iOS8以降)。
ライト/カラー/白黒の各項目ごとに非常に多くのパラメータが調整できます。
iPhone ライト
「ライト」で調整できるパラメータは、ブリリアンス、露出、ハイライト、シャドウ、明るさ、コントラスト、ブラックポイントの7項目です。
iPhone カラー
「カラー」で調整できるパラメータは、彩度、コントラスト、色かぶり(色相)の3項目です。
iPhone 白黒
「白黒」で調整できるパラメータは、強度、中間、階調、グレインの4項目です。
iPhone をタップするとこのような画面になります(iOS10以降)。 インストール済みの、他の写真編集ツールを起動することができます。 標準では「Markup」ツールが使えます。

写真を加工する:Markupの使い方

iOS10から「Markup」という加工ツールが搭載されました。
iPhone 「Markup」ツールを起動するとこのような画面になります(iOS10以降)。
で手書きイラストが描けます。 8色の色、3種類のペンの太さが選べます。
で「拡大鏡」が置けます。 「拡大鏡」の位置は自由に変更できます。 「拡大鏡」のへりにある緑色の点をドラックすると拡大率が変更できます。青色の点をドラッグすると「拡大鏡」の大きさが変更できます。 「拡大鏡」はいくつも置くことができます。
で「テキストボックス」が置かれ、テキストが書き込めます。 「テキストボックス」のへりにある青色の点をドラッグすると「テキストボックス」の大きさが変更できます。 「テキストボックス」はいくつも置くことができます。 8色の色、3種のフォント、文字の拡大縮小、文字の右寄せ・センタリング・左寄せの指定が可能です。
で直前の操作が取り消せます。 タップするたびにどんどん過去に戻すことができます。
「完了」をタップすると、変更結果をがコピー保存されます。元の写真はそのまま残されます。

もっと写真/カメラアプリのことを知りたい