iPhoneでタイムラプス(微速度)撮影する方法

iPad
Camera(カメラ)アイコンでカメラを起動し、 「タイムラプス」を選ぶとタイムラプス(Time Lapse:微速度)動画の撮影モードに切り替わります。 一定時間の間に連続した写真を高速で表示するビデオです(iOS8以降)。
流れる雲、沈む夕日、繁華街の道路などを、iPhoneを三脚で固定して撮影すると面白いビデオが撮れます。
タイムラプス撮影のパラメータは自動設定で、 1分間の撮影で約4秒、5~20分の撮影で約20秒、30分以上は何時間撮影しても約30秒程度の動画に短縮されます。 あまり長く撮影すると短縮されすぎて何が映っているか分からなくなることもあります。 撮影時間は10~30分以内に収めると良いようです。 いずれにしろ長時間の撮影となるので、三脚と電源の確保をお忘れなく。
長時間タイムラプスの例

YouTubeの大画面で見る

もっと写真/カメラアプリのことを知りたい