写真に撮影場所(位置情報)を書き込む/削除する

位置情報(ジオタグ)について

写真には標準で撮影場所を示す「位置情報(ジオタグ)」が埋め込まれます。 このような写真を他人に配布したりブログなどにアップすると、撮影場所も併せて公開されることになります。 十分に注意してください。
なお、写真に埋め込まれた位置情報を地図に表示するには、フリーソフトの「画像位置情報取得ツール」が使えます。 また、写真に記録された位置情報を削除するにはフリーソフトの「ExifEraser」などが使えます。 その他、位置情報関連の多くのフリーソフトが公開されています。 なお、デジカメで撮った写真に、あとからiPhoneで採取したGPS位置情報を書き込むことも可能です。 詳しくは下記をご覧ください。

位置情報のON/OFF

iPad iPhone 位置情報の利用を許可するか否かの指定は、 設定(設定)- プライバシー(プライバシー)- [位置情報サービス]画面で、一括で、また各アプリごとにもオン/オフできます。
この中の[自分の位置情報を共有]メニューでは、あなたが持っている複数のiPod/iPad/iPhoneのどれか一つの位置情報を、その他のデバイスで共有することができます(iOS8以降)。 たとえばGPSを搭載したiPhoneで計測した正確な位置情報を、iPod touchで撮影した写真に埋め込むことが可能です。
また、 設定(設定)- 一般(一般)- [リセット]-[位置情報とプライバシーをリセット]を選ぶと、各アプリごとのオン/オフ設定をリセットします。
iPad iPhone [位置情報サービス]画面で、アプリの一覧から (カメラ) を選ぶとこのような画面になります。 「許可しない」を選ぶと、今後撮影される写真には位置情報が書き込まれません。 「このAppの使用中のみ許可」を選ぶと、位置情報が書き込まれるようになります。

もっと写真/カメラアプリのことを知りたい