海外iTunes Storeを使う

海外のiTunes Storeを使うには、その国で販売されているiTunes Cardが必要です。 逆に海外で購入したiTunes Cardは、その国のiTunes Storeでしか使用できません。 ただし、iTunes Storeの「国の切り替え」はどこにいても可能です。 たとえばアメリカで購入したiTunes Cardは、日本にいてもiTunes Storeの「国の切り替え」を行えば使うことが出来ます。
この方法を使えば、日本のiTunes Storeでは発売されていない音楽、ビデオ、アプリなどをダウンロード購入することが出来ます。
なお、このほかのiTunes Cardの使い方については、iTunesカードの使い方のページで詳しく紹介しています。 あわせてご参照下さい。

海外iTunes Storeを使う

PC 海外のiTunes Storeを使うには、その国で販売されているiTunes Cardが必要です。 まずは海外のiTunes Cardを入手しましょう。
PC 海外のiTunes Cardを入手したら、さっそくiTunesから「iTunes Store」にアクセスしましょう。
パソコンをインターネットに接続した上でiTunes Storeを開き、画面の一番下にある「国を変更する」または日の丸国旗マークをクリックします。
PC すると各国の国旗を模したアイコンと国の名前が表示されます。 切り替えたい国の名前をクリックします。
国の切り替えにはものすごく(数分)時間がかかる場合があります。 国の名前をクリックしたら、しばらくそのままにして待ちましょう。
PC ここではアメリカ(United States)のショップを例にとって説明します。
早速「iTunes Card」の金額を、自分のアカウントにチャージ(登録)しましょう。 画面右の「QUICK LINKS」にある「Redeem」メニューをクリックします。
PC するとiTunes Storeへのサインインを促してきます。
まだその国のApple IDを持っていない方は、ここで「Create AppleID」ボタンを押します。
その国のApple IDを持っている方は、Apple IDとパスワードを入力して「Sign In」ボタンを押してください。
PC 購入した「iTunes Card」の裏の黒いスクラッチ部分をコインなどで削って出てきた番号(英数字16桁)を入力します。 入力時に、英大文字と小文字は気にする必要はありません。 そして「Redeem」ボタンをクリックします。
PC あとは、音楽、ビデオ、ゲームをダウンロードして楽しむだけです。 下記の各ページの説明をご覧ください。
なお、日本のiTunes Storeに戻るには、上と同じ手順で「国を変更する」操作を行い、日本のAppleIDでサインインし直せばOKです。 一つのパソコン(iTunes)には最大同時に5つのAppleIDでのサインインが可能です。しかし6個以上のAppleIDを使うことはできません。この場合はどれか一つのAppleIDをサインアウトする必要があります。
詳しくはiTunesの認証とは:著作権管理"FairPlay"をご覧ください。

海外のApple ID 新規アカウントの作成

PC iTunes Storeへのサインインの画面で 「Create AppleID」ボタンを押すと、このような画面になります。 「Continue」ボタンをクリックします。
PC 1ページ目はサービス規約です。「I have read and agree to these terms and conditions.」にチェックを入れ、 「Agree」ボタンをクリックします。
PC 2ページ目はメールアドレスとパスワードの登録です。 ここで入力するメールアドレスが、あなたのApple IDになります。忘れないようにしましょう。
入力を終えたら「Continue」ボタンをクリックします。
PC 最後のページは支払い方法と住所・氏名の登録です。 「iTunes Card」だけを使う場合は、クレジットカードの部分は「none」を指定します。 入力を終えたら「Continue」ボタンをクリックします。
住所や郵便番号、電話番号は、滞在先のホテルのものでも通るようです。
PC ご苦労様、無事Apple IDが作成されるとこのような画面になり、「iTunes Card」の金額がチャージされました。 画面の右上を見ると、Apple IDのアカウント(メールアドレス)と、そこにチャージされている「iTunes Card」の金額(残額)が表示されます。