Apple IDでログインできない:乗っ取り/不正使用への対応

最近、iPhoneの世界的な人気を受け、Apple IDが乗っ取られたり不正使用される事件が多発しています。 フィッシングメールのリンクをクリックしてパスワード採取サイトに飛ばされたり、簡単な英数字のパスワードが総当たりで解読されたりすることが多いようです。

乗っ取り/不正使用を検知する

アップルは、Apple IDにかかわる情報を変更したとき、これまで使用したことがないiTunes / App Storeでコンテンツをダウンロード購入したとき、 新しいiPod/iPad/iPhoneにApple IDを設定したとき、その他ことあるごとに、Apple IDに登録したメールアドレスに、通知メールを届けてくれます。
Apple ID 情報が更新されました
ご利用のApple IDによる最近のダウンロードについて
お客様のApple IDがiCloudへのサインインに使用されました
受領番号:xxxxxxx」(iTunes / App Storeの購入レシート)
などというタイトルのメールがアップルから届いたら、その中身をよくチェックしましょう。 あるいはFaceTime, iMessageに対して、知らないメールアドレスが追加された通知が届いた場合も注意。 これらが身に覚えのないメール、アクションであった場合は、あなたのApple IDが乗っ取り/不正使用を受けています。 至急、このページで紹介している対策を実施してください。
注意:その通知メールは本物?
アップルからの通知メールには、ログインを促す My Apple IDiforgot.apple.com(パスワードの再設定) へのリンクが添えられている場合があります。 しかしこのアップルからの通知メール自体がニセモノのフィッシングメールである可能性があります。 あせってメール内のリンクをタップする前に、リンクを長押ししてURLが詐称されていないか確認したり、下記のリンクから正規のサイトにアクセスするようにしましょう。

まずApple IDのパスワードを変更する

iPhone 乗っ取り/不正使用を受けたと感じたとき、まず最初に行うべきことは、Apple IDのパスワードの変更です。 ブラウザでMy Apple IDを開き、Apple IDとパスワードを入力してログインします。 ログインに成功したら、まだあなたのApple IDは乗っ取りされていません。 すぐに「パスワードとセキュリティ」メニューから、パスワードの変更を行います。

パスワードがエラーとなる!


正しいはずのパスワードがエラーとなるときは、iforgot.apple.com(パスワードの再設定) からパスワードをリセットしてみます。
iPod/iPad/iPhoneからは 設定(設定)- App StoreとiTunes Store(App StoreとiTunes Store) 画面で「Apple ID」をタップすると図のような画面になります。 ここで「iForgot」をタップすると、パスワードのリセットと再設定ができます。 また、ここで「Apple IDを表示」をタップするとMy Apple IDにログインできます。

メールが届かない!誕生日がはじかれる!


iforgot.apple.com(パスワードの再設定) から送信されたはずのパスワードリセットメールが届かない、入力した誕生日がエラーとなりはじかれる場合、 すでに乗っ取り犯によってあなたのApple IDの情報が書き換えられています。 すぐにアップルサポートに連絡して処置してもらいます。

iCloudメールでログインを試してみる


あなたがApple IDとして、iCloudメール以外のアドレスを使用しているときは、このApple IDが乗っ取られていても、iCloudメールでMy Apple IDにログインできる場合があります。 こんな時はiCloudメール(“~@icloud.com”、“~@me.com”)をApple ID欄に入れてログインしてみましょう。

アップルサポートに連絡

PC Apple IDでのログインで、正しい情報を入力してもエラーとなったり、iTunes / App Storeへのチャージが不正に使用されたときは、アップルサポートに連絡します。 この時、 iPod/iPad/iPhoneのシリアル番号、 Apple IDに設定した「セキュリティ質問」などを聞かれるので準備しておいてください。
シリアル番号は (設定)-[一般]-[情報]-[シリアル番号]欄で確認できます。 Apple ID サポートを開き、「お問い合わせ」の「こちらから」を選びます。 次の画面で「Apple IDが無効になっている」を選び、 メール、電話などの方法でサポートと連絡を取って、Apple IDのリセットなどの処置を取ってもらいます。
あるいはApple サポートを開き、「お問い合わせ」の「こちらから」を選びます。

Apple IDのセキュリティを強化する

二度と乗っ取り/不正使用を受けないために 2ファクタ認証 などを設定して、Apple IDのセキュリティを強化しましょう。 あなたのApple IDを犯罪から守りましょう。

Apple IDを変更する

パスワードの変更と同時に、Apple ID自体も変更してしまうのも手ですが、これは慎重に行ってください。 Apple IDを変更すると、あなたのすべてのiPod/iPad/iPhoneで、iTunes/App Store、iCloud、iMessage、Facetimeその他サービスの設定しなおしが必要となります。 また、アプリ内課金で、機能制限を解除するタイプの課金を支払っている場合は、これが無効になってしまい、再購入が必要になります。 Apple IDの変更は本当に必要な時だけにしましょう。

Apple IDに関する質問・サポート

アップル社では、下記の各webサイトで、Apple IDに関する質問・サポートを解説・受け付けています。