iPhoneでVoLTEを設定する

iPhone 6以降では、4G LTEデータ通信使った高音質な音声通話:VoLTEに対応しています。 ここでは、iPhoneでVoLTEを設定する方法を説明します。

VoLTEとは

VoLTE:Voice over LTEとは、携帯電話のデータ通信である4G LTE回線を使って音声通話を行う方式です。 双方がVoLTEを使った通話を行った場合、従来の3G音声回線による通話に比べて、音質が向上します。 また、au/KDDIのCDMA方式では不可能であった、通話中のデータ通信(Web閲覧、メール送受信)も可能になります。 VoLTEの使用料は無料です。対応した機器があればだれでも使用可能です。

VoLTEを使用するための準備

VoLTEは、iPhone 6/6 Plus以降のiPhoneと、iOS8.3以降で対応しています。 iOS8.3以降にバージョンアップしてください。
なお、ソフトバンクモバイルの場合、My SoftBankで無料の“VoLTEオプション”サービスの加入手続きをする必要があります。

SIMフリー機の場合

SIMフリー機を購入して、iPhone 5S以前の機種で契約したSIMを使っている場合は、キャリアによってはVoLTEが使用できないので注意してください。
なお、au/KDDIのSIMを使っている場合、auお客さまサポートで無料の“ネットワーク設定オプション”サービスの加入手続きをする必要があります。

VoLTEの設定

iPhone ホーム画面から 設定(設定)-(一般)-[情報]画面を開きます。 この時「キャリア設定アップデート」の通知が表示されたら「アップデート」を選びます。 「キャリア」欄が「KDDI 19.1」「ドコモ 19.1」「ソフトバンクモバイル 19.1」以降になっていればOKです。 そうでない場合は、「キャリア」欄をタップして「キャリア設定アップデート」を行います。
iPhone 設定(設定)- 設定(モバイルデータ通信)画面を開きます。 つづて「LTE回線を使用(NTT docomo)」「4Gをオンにする(au/ソフトバンクモバイル)」メニューをタップします。
iPhone このような画面になります。 「音声通話およびデータ」を選べばOKです。 あとは通話時にVoLTEが使われるようになります。

関連記事