Fitbitの初期設定

ここではiPod/iPad/iPhoneでのFitbitの初期設定を紹介します。
なお、Fitbitの使い方全般についてはFitbitの使い方のページで解説しています。 併せてご覧ください。

Fitbitアプリのダウンロード

Fitbitを入手したら、まずはiTunesのApp StoreでFitbitアプリをダウンロードして、iPod/iPad/iPhoneにインストールしてください。
  • Fitbit

    Fitbit, Inc. ヘルスケア/フィットネス 無料

    Fitbitと一緒に、より健康的で活動的な生活を送りましょう。Fitbitは、毎日のアクティビティ、トレーニング、睡眠状態などを記録するフィットネスアプリとして、世界をリードしています。このアプリは、単体で基本的なアクティビティを記録できます。スマートフォンで実行し、多種のFitbit活動量計やAriaWi-Fi多機能体重計に接続して、歩数、距離、消費カロリー、睡眠状態、体重などを含む健康状態の全体像を測ることができます。

Fitbitアカウントの作成

(Fitbit)アプリを起動するとこのような画面になります。 過去にFitbitを使っていた場合は「ログイン」をタップして、ID(メールアドレス)とパスワードを入力します。 初めてFitbitを使うときは「Fitbitに登録」をタップします。
「Fitbitに登録」をタップするとこのような画面になります。 あなたの購入したFitbitモデルを選択します。 ここでは"Fitbit Charge 2"の場合の画面で説明しますが、どのモデルでも同様な画面推移となります。
すると選択したモデルが表示されます。 「[モデル名]を設定」をタップします。 もしモデル選択を間違えたときは、左上の「<」をタップして元の画面に戻ります。
続いてこのような画面になります。正確にフィットネス情報を計測するために、あなたの身体情報を入力します。 「次へ進む」をタップします。
最初は身長の入力です。画面を上下にドラッグして数値を設定し、「次へ」をタップします。 つづいて「性別」「体重」「誕生日」を入力していきます。
必要な情報を入力すると、このような画面になります。 「フルネーム」欄にはあなたの名前、またはニックネームを入れます。実際にフルネームそのものを入力する必要はありません。 「メール」にはメールアドレスを、「パスワード」には新しく考えたあなただけのパスワードを入力します。
「利用規約」と「ポリシー」をタップして読んだら、「Fitbitの利用規約と~」をタップして同意します。
「Fitbit製品、ニュース、およびキャンペーン~」についてお好みでタップしてください。
すべて入力したら「次へ」をタップします。
再度利用規約とポリシーへの同意を求められるので「同意する」をタップします。
製品と付属品の説明画面が表示されます。 「次へ」をタップします。

ID(メールアドレス)の確認

やがてアプリに入力したメールアドレスに図のようなメールが届きます。 「Eメールを確認」をタップします。
するとこのような画面になり、Fitbitアカウントの作成は完了です。 Fitbitアプリに戻って設定の続きを行いましょう。

FitbitとiPhoneのペアリング

ここからFitbitとiPhoneのペアリング(接続)が始まります。 FitbitとiPhoneはBluetooth通信で接続します。 iPhoneのBluetoothを タッチパネル:ON(オン)と にして、iPhoneをFitbitのそばに持ってきてください。 Bluetooth通信の詳細についてはBluetooth機器の使い方のページをご覧ください。
そしてFitbitの電源を入れます。 Fitbit Charge 2の場合はサイドボタンを押します。
iPhoneが電源の入っているFitbitを見つけると、このような画面になります。 Fitbitの画面には4ケタのコードが表示されています。 ここでそのコードを入力します。
場合によってはここでかなり長い時間(3分程度)待たされます。気長に待ちましょう。
正しくコードを入力すると、このような画面になります。 「ペアリング」をタップします。
つづいて場合によってはこのような画面になります。 Fitbitのファームウェア(内蔵プログラム)のアップデートです。 「トラッカーのアップデート」をタップしましょう。
アップデートには3~5分程度かかります。さらに気長に待ちましょう。
このような画面になるとアップデート完了です。 「[続行]をクリックしてください」と書かれているところをタップします。

Fitbitの簡単な使い方の説明

ここから数ページは、Fitbitの簡単な使い方の説明が始まります。 順次「次へ」をタップして読み進めましょう。
Fitbitのモデルによっては、途中このような画面が表示されます。 位置情報を使用を許可すると、FitbitとiPhoneを一緒に持ち歩くことで、iPhoneのGPSを使ってウォーキングやランニングなどの移動ルートを記録することができます。 ルートを記録したいときは「許可」をタップしましょう。
さらにFitbitのモデルによっては、途中このような画面が表示されます。 このデータ通信を許可することにより、iPhoneを操作することなく、ただFitbitを身に着けているだけで活動量がiPhoneに記録されるようになります。
途中本体の充電方法の説明もあります。見逃さないようによく読みましょう。
つづいて着用方法の説明もあります。これも見逃さないようによく読みましょう。
つづいてお手入れ方法の説明もあります。
このような画面になるとようやく設定完了です。ご苦労様でした。 「完了」をタップすると、最初に入力したメールアドレス(ID)とパスワードで、Fitbitアカウントにログインします。

アクティビティの目標設定

Fitbitの個人アカウントにログインすると、このような画面になります。 左上にはあなたのFitbitのアイコンの右に、Fitbitのバッテリ残量と電波の状況が緑色で表示されています。
画面下の「目標を設定」をタップしましょう。
するとこのような画面になります。 画面下の「いいですね」をタップしましょう。
このようなメニューが表示されます。 まずはトップにある「日々の歩数とアクティビティの増加」を選ぶのが良いでしょう。
このあと、目標設定に向けて、次々と選択メニューが現れます。 あまり深く考えず、気になるメニューをどんどん選んでいきましょう。
このような目標設定となりました。 画面下の「いいですね」をタップしましょう。
以上ですべての設定は完了です。 後は毎日Fitbitを身に着けているだけで活動量が記録されていきます。

iPhoneの通知をFitbitで受け取る

iPhoneの電話とSMSの着信、カレンダーのイベント通知をFitbitで受け取ることができます。 iPhoneの (通知センター) で各アプリの通知を設定したうえで、 Fitbit アプリの[アカウント]-[デバイス名]-[通知]から、受け取りたい種類の通知をオンにします。 この手順の詳細については下記で読めます。

もっとFitbitのことを知りたい