iPhoneバックアップの中身を取り出す/中身にアクセスする

iTunesを使ってパソコンに保存したiPod/iPad/iPhoneのバックアップを解析し、その中身を取り出すソフトがあります。 これを使えば、なくしたり壊れたiPhoneの中のデータを取り出すことができます。

iPod/iPad/iPhoneのバックアップを取る

ここで紹介するソフトは、パソコンに保存したバックアップからファイルを取り出すものです。 事前に パソコンにバックアップが取られている必要があります。 なお、これとは別に、 パソコンに接続したiPod/iPad/iPhoneの中身に直接アクセスする ソフトもあります。

バックアップからファイルを取り出すソフトのいろいろ

以下の各種有料/無料ソフトが使えます。 ここでは、この中からフリーソフトのiBackupBotの使い方を紹介します。

iBackupBotの使い方

iBackupBotのインストール
PC iBackupBotオフィシャルサイトを開きます。 画面をスクロールすると・・・
PC このような画面になります。 “Click here to download now!”をクリックすると試用版がダウンロードできます。 “ibackupbot_setup.exe”といったファイル名のファイルが得られるので、これをクリックするとインストールできます。
PC
このようなアイコンがデスクトップに現れたらインストール完了です。
PC iBackupBotを起動するとこのような画面になります。 パソコンに格納されているすべてのバックアップがスキャンされ、左画面に一覧表示されます。 ひとつのパソコンに複数のiTunesライブラリが存在していても、すべて表示されます。
PC iTunesでバックアップを取るときに「iPod/iPad/iPhoneのバックアップを暗号化」にチェックを入れたバックアップには鍵のマークがついています。 このバックアップの「User Information Manager」を開こうとするとこのような画面になります。 バックアップを取るときに設定したパスワードの入力が必要です。
「User Information Manager」には「カレンダー」「メモ」「メール」「Safariのブックマーク」「Safariの閲覧履歴」などが格納されています。
これ以外のデータにアクセスするときにはパスワードの入力は不要です。

壁紙を取り出す

iPod/iPad/iPhoneに設定した壁紙の画像を削除してしまっても、iBackupBotを使えば直接壁紙を取り出すことができます。
PC [System Files]-[HomeDomain]-[Library]-[SpringBoard]を開きます。 そして「LockBackground.cpbitmap(ロック画面)」または「HomeBackground.cpbitmap(ホーム画面)」を選びます。
なお、同じ場所にある「LockBackgroundThumbnail.jpg」「HomeBackgroundThumbnail.jpg」には.jpg形式のサムネイルが格納されています。
PC つづいて「Export」をクリックします。
PC するとこのような画面になります。 試用版から正式版へのアップグレードを促すメッセージです。 ライセンスを購入ずみのときは、ここでライセンスを入力して「OK」をクリックします。 もしライセンスを購入していないときは「Cancel」をクリックします。
PC つづいてフォルダ選択画面になります。 取り出すファイルを格納したいフォルダを指定すればOKです。