Apple Watchでフィットネス:ワークアウト

ワークアウト・アプリを起動すると心拍の計測がまめに実施されるため、バッテリの消耗が早くなります。 長時間のワークアウトを行うときは、 (Watch)-[マイウオッチ]-[ワークアウト]画面を開き、 [電力を節約]を タッチパネル:ON(オン)にすると、 心拍センサーがオフになります。

ワークアウトのセットアップ

iPhone (ワークアウト)を起動します。 メニューが表示されるので、取り組みたいワークアウトを選びます。
おすすめはワンタップでスタートできる「ウォーキング フリーゴール」です。
なお、事前に、 (アクティビティ)のセットアップと、 iPhoneの (Watch)-[マイウオッチ]-[ヘルスケア]画面から生年月日・性別・身長・体重を入力しておきましょう。 詳しくはApple Watchでフィットネス:アクティビティをご覧ください。
(Watch)-[マイウオッチ]-[ワークアウト]画面で、 [ゴールの数値を表示]を タッチパネル:ON(オン)にすると、 進捗状況をリングの代わりに数値で表示できます。 また、長時間のワークアウトでバッテリを長持ちさせたいときは、[電力を節約]を タッチパネル:ON(オン)にすると、 心拍センサーがオフになります。
iPhone 「ウォーキング フリーゴール」を選ぶといきなりカウントダウンが始まり、ウォーキングのスタートです。 画面には経過時間や消費カロリー、心拍数などが表示されていきます。 1km歩くごとにApple Watchがブルッと震えて通知してくれます。 好きなだけウォーキングしましょう。
iPhone 「ウォーキング フリーゴール」以外のワークアウトを選ぶと、目標の設定画面となります。 目標は「カロリー」「時間」「距離」「フリー(目標設定なし)」から選べます。 画面を左右にフリックすると、目標が切り替わります。 ただしワークアウトの種類によっては「距離」は選べません。
好きな目標とその数値を設定して「開始」をタップします。 あとは何もする必要がありません。 Apple Watchを身に着けてワークアウトをするだけで、あなたの活動量を計測し、進捗状況を報告してくれます。
iPhone ときどきこのように進捗状況を報告してくれます。 この画面を左右にフリックすると、心拍数や距離、ペースや経過時間も見ることができます。 ワークアウトの目標に到達するとアラームで通知されます。

ワークアウトの終了と記録

iPhone ワークアウトは自動では終了しません。 一時停止または終了するときは、画面を強く押します。 するとこのような画面になるので「一時停止」か「終了」を選択します。
「ロック」をタップするとタッチパネルからの入力をロックします。 ワークアウト中に不用意に画面に触れたり、水が当たることによって、ワークアウトが中断することを防ぎます。 ロックを解除するにはデジタルクラウンをぐるぐると回します。
「新規」を選ぶと、さらに別のワークアウトをスタートすることができます。
また、Apple Watchの画面キャプチャを撮るとワークアウトが一時停止します。 そんな時は「再開」してください。
iPhone 「終了」を選ぶと、成果が表示されます。
iPhone 画面を上に向かってフリックまたはデジタルクラウンを回すと、詳細情報が表示されます。
iPhone 画面の一番下には「完了」ボタンがあります。 これをタップすると今回の記録が保存されます。

iPhoneでワークアウトの結果を見る

iPhone Apple Watchとペアリングすると、iPhoneに (アクティビティ)アプリが表示されます。 より大きな画面で詳細に成果が確認できます。
iPhone 画面下のメニューから「ワークアウト」欄をタップすると、このように詳細結果が表示されます。 Apple Watch Series 2 には GPSが搭載されているので、iPhoneを持たずにApple Watchだけ身に着けてワークアウトに出かけても、「経路」欄に地図上での移動経路が表示されます。

もっとApple Watchのことを知りたい