Apple Watchのバージョンアップ/アップデート手順

Apple Watchは買った後でもバージョンアップ/アップグレードすることが出来ます。 バージョンアップすると、新しい機能が増えたり、動作不具合が直ったりします。 (Watch)アイコンに「1」のバッジが表示されたときは、早速Apple Watchをバージョンアップしましょう。
なお、iPod/iPad/iPhoneのバージョンアップについては下記のページで詳しく説明していますので、ご参照ください。

バージョンアップの前には充電を!

Apple Watchのバージョンアップを行うと、バッテリを一気に10%近く消費します。 事前に50%以上に充電し、さらにiPhoneもApple WatchもACアダプタに接続した状態でアップデートを行ってください。

バージョンアップは時間に余裕をもって!

バージョンアップには非常に時間がかかることがあります。場合によっては30分~1時間以上かかる場合もあります。 お出かけ前など、時間がないときは「キャンセル」して、後日時間がとれるときに実施しましょう。

Apple Watchをアップデート

iPhone アップデートが可能か否かを確認するには、 iPhoneを携帯電話ネットワークまたはWi-Fi無線LANに接続した上で、 (Watch)-[マイウオッチ]-[一般]-[ソフトウェア・アップデート]を選択します。
あるいはアップデートが使用可能となると、図のような通知があります。 「Apple Watch」アイコンにも のようにバッジがつきます。 こんな時は表示されている[詳細]ボタンを押すか、 (Watch)-[マイウオッチ]-[一般]-[ソフトウェア・アップデート]を選択します。
iPhone アップデートが可能なときは、[ソフトウェア・アップデート]を選ぶと、アップデートの内容が表示されます。 「ダウンロードとインストール」または「インストール」をタップします。
なお、Apple Watchのバッテリ残量が50%に満たないときは「インストール」ボタンが無効となっています。 この場合は先に充電するか、ACアダプタにつないでから「インストール」をタップします。
iPhone つづいてアップデートソフトウェアの利用条件への同意画面となります。 画面右下の「同意する」をタップします。
iPhone iPhoneにパスコードロックをかけていると、パスワードを聞かれます。
iPhone すると「Apple Watchにダウンロード中・・・」「インストール中・・・」と表示され、アップデートが開始されます。
ここよりあとは、全く操作することなく自動的にアップデートが続きます。 夜寝る前にここまでやっておけば、翌朝にはアップデートが終了しています。
なお、アップデート中にバッテリが空になると処理が中断してしまいます。 アップデート中はiPhoneもApple WatchもACアダプタに接続しておくのがおすすめです。
iPhone アップデート中は、Apple Watchの画面はこのようになります。 時計のようなゲージが、アップデートとデータ再同期で、2回回転します。
iPhone アップデートが完了するとApple Watchが再起動します。パスコードの入力画面になります。 もうApple Watchは使用可能です。
iPhone iPhoneで (Watch)-[マイウオッチ]-[一般]-[ソフトウェア・アップデート] を選択すると「お使いのソフトウェアは最新です」と表示され、アップデートが完了したことがわかります。
詳細なバージョンを確認
iPhone iPhone iPhoneでは (Watch)-[マイウオッチ]-[一般]-[情報] 画面で、またApple Watchでは (設定)-[一般]-[情報] 画面で、Apple Watchの詳細なバージョンを確認することができます。
iPhone バージョンアップした後は、一度電源OFF->ONを行うのがおすすめです。 サイドボタンを長押しすると図のようなメニューが表示されるので「電源オフ」をスライドします。 これを行わないとバッテリの消費が激しくなったり、不具合が発生する場合があります。

もっとApple Watchのことを知りたい