Apple WatchのDock(ドック)の使い方

Apple WatchのサイドボタンをクリックするとDock(ドック)画面が表示されます(watchOS3以降)。 高速に最近使ったアプリを起動することができます。

watchOS4の場合

watchOS4では、Dockの機能は簡略化され、最近使ったアプリ/よく使うアプリの呼び出しができるのみとなりました。
iPhone Dock画面を開くと、最近使ったアプリが、その使用順に並んでいます。 上下にフリックしてタップすると、そのアプリに切り替えることができます。 一番下までスクロールさせると「すべてのApp」という表示があり、これをタップするとホーム画面に移動します。
iPhone Dockに表示する方法は (Watch)-[マイウオッチ]-[Dock]で指定します。

watchOS3の場合

iPhone Dock画面を開いたところです。 主要なアプリがいくつか登録されています。 左右にフリックしてタップすると、そのアプリに切り替えることができます。
iPhone Dock画面を一番右までスワイプすると、最後に使用したアプリが現れます。 これをタップするとすぐにアプリを再開できます。 「Dockに追加」をタップすると、このアプリをDockに加えることができます。
iPhone Dockのアプリは、長押しして左右にドラッグすることで、順序を変更することができます。
iPhone Dockのアプリは、上に向かってスワイプすることで、Dockから削除することができます。
Dockに追加できるアプリの数は最大10個です。 これ以上アプリを追加したいときは、いずれかのアプリをDockから削除してください。
iPhone Dockのアプリの順序変更、追加、削除は、ペアリングしたiPhoneの (Watch)-[マイウオッチ]-[Dock]の「編集」画面から行うことも可能です。
アプリ名の左の をタップすると「削除」ボタンが表示され、それをタップするとDockから削除(「含めない」に移動)できます。
アプリ名の右端の を上下にドラッグすると、表示順序を変更できます。
一番下には、まだDockに追加されていないアプリのリスト「含めない」があります。 をタップすると、そのアプリを表示することができます。

もっとApple Watchのことを知りたい