Apple Watchで音楽を楽しむ方法

iPhoneに格納した音楽を楽しむ

Apple WatchがiPhoneのリモコンとして動作します。iPhoneの音楽再生をコントロールできます。
iPhone ホーム画面から(ミュージック)をタップするか、グランス画面からミュージックを開きます。 iPod/iPad/iPhoneの (ミュージック)と同じように操作することができます。 iPhoneに格納した音楽の一覧から曲を選ぶことができます。
iPhone 曲を選ぶとこのような画面になり、音楽の再生が始まります。 音楽はiPhone本体のスピーカーから聞こえてきます。 iPhoneにケーブルイヤホンやBluetooth無線イヤホンをつないでいると、音楽はそちらから聞こえてきます。
iPhone 「再生中」画面をタップすると、アートワーク(ジャケット画像)が表示されます。
iPhone 「再生中」画面を強く押すと、このような画面になります。 「シャッフル」をタップするとシャッフル(ランダム)再生の指定、 「リピート」をタップするとリピート(繰り返し)再生の指定ができます。
「ソース」をタップすると、Apple Watchに格納した音楽を聴くか、ペアリングしているiPhoneに格納した音楽を聴くか、を選択できます。
「AirPlay」をタップすると音楽の出力先を切り替えることができます。 Apple Watchに接続したBluetoothイヤホンや、家庭内ネットワークに接続しているAirPlayに対応したオーディオ、ビデオ機器を指定できます。

Apple Watchに音楽を転送して楽しむ

iPhoneからApple Watchに、プレイリストまたはアルバム単位で音楽を転送(同期)することができます。 Apple Watchに音楽を転送しておけば、iPhoneを持ち歩くことなく、Apple Watchだけで音楽が楽しめます。

事前準備


Apple Watchへの音楽の転送は「プレイリスト」またはアルバム単位となります。 事前にiPhone/iTunesでプレイリストを作り、iPhoneに転送しておいてください。 また、Apple Watch単体で音楽を聴くには、Bluetooth無線イヤホンが必須です。 事前にApple WatchとBluetooth無線イヤホンをペアリングしておきましょう。
iPhone Apple Watchへ転送するプレイリスト/アルバムは、 (Watch)-[マイウオッチ]-[ミュージック]で選びます。 「ミュージックを追加」をタップすると、iPhoneに格納されているプレイリスト/アルバムの選択画面になります。 ここから好きなプレイリスト/アルバムを指定しておけば、その音楽がApple Watchに転送されます。
ただし、音楽をApple Watchに転送するには、Apple WatchがiPhoneと接続したうえで充電中でなければなりません。
iPhone iPhoneからApple Watchへの音楽の転送(同期)が終了したら、 Apple Watchの(ミュージック)をタップします。 そして「再生中」画面を強く押すと、このような画面になります。 「ソース」をタップすると・・・
iPhone このような画面になります。 「Apple Watch」を選びます。
iPhone あとは普通に音楽を楽しむことができます。 Apple Watchに転送した音楽を聴いているときは、左上にオレンジ色でApple Watchのアイコンが表示されます。
iPhoneの音楽に切り替えるには、再度「再生中」画面を強く押して、「ソース」からiPhoneを選べばOKです。

もっとApple Watchのことを知りたい