Apple Watch文字盤の変更方法

文字盤の変更

iPhone Apple Watchを時計表示にします。 時計表示になるまでデジタルクラウンをクリックします。 ここでApple Watchで画面を左右にフリックすれば、「マイ文字盤」に登録済みの、ほかの文字盤に切り替えられます。 最初は「マイ文字盤」に18種の文字盤が登録されています。
iPhone 時計表示画面を強く押します。 すると文字盤の変更画面になります。
画面を左右にフリックして好みのコレクションを選びます。 気に入ったコレクションが見つかったら、それをタップすれば設定されます。
iPhone コレクションの中には「カスタマイズ」ボタンが表示されるものもあります。 このボタンをタップすると、さらに詳細なデザインの変更ができます。
iPhone 変更できるデザインの項目は、コレクションによりさまざまですが、多くは「ディテール」「カラー」「コンプリケーション」の3種類になります。 カスタマイズ画面を左右にフリックすると、この項目を切り替えられます。 これは「ディテール」の画面の例です。
デザインを切り替えるには、デジタルクラウンを回します。 多くの文字盤から選べます。 デジタルクラウンをクリックすると選択結果が確定されます。
iPhone これは「カラー」の画面の例です。 この例では秒針の色が変更できます。 デジタルクラウンを回すと色が変わります。
iPhone これは「コンプリケーション」の画面の例です。 コンプリケーションとは機械時計の用語で、複雑時計のことを示します。 日付やカレンダー、天気に世界時計、さらには株価やバッテリ残量まで、いろいろな情報を表示させることができます。
この例では4か所に任意の情報を表示させることができます。 まず任意の表示エリアをタップし、つづいてデジタルクラウンを回すと、そこに表示させる情報を選ぶことができます。
Apple Watch用アプリの中には、「コンプリケーション」に情報を表示できるものもあります。 どのアプリの「コンプリケーション」を有効にするか否かは、 (Watch)-[マイウオッチ]-[コンプリケーション]で指定します。
コレクションの中にはコンプリケーションに「モノグラム(記号)」を選択できるものがあります。そこには (Watch)-[マイウオッチ]-[時計]-[モノグラム]で指定した、最大4文字の任意の文字列を表示することができます。 時計メーカーのロゴマークみたいなものです。 ここにアップルロゴを入れるのもよいですね。

お気に入りのデザインの保存

iPhone お気に入りのデザインを、新規コレクションとして「マイ文字盤」に登録することもできます。 複数のデザインを瞬時に切り替えて楽しみたいときに便利です。
コレクションの選択画面をいちばん右までフリックして「新規」を選びます。 そしてデジタルクラウンを回すか、画面を上下にフリックして、ベースとなるコレクションを選びます。 そしてそのコレクションをカスタマイズすればOKです。
これでカスタマイズしたデザインをすぐに呼び出すことができるようになります。
iPhone 使用しないコレクションを「マイ文字盤」から削除することもできます。
コレクションの選択画面で、それを上に向かってスワイプします。 削除ボタンが現れたらそれをタップします。
削除したコレクションは、上の「新規」画面で呼び戻すことができます。
iPhone たとえばコレクション「モジュラー」を使い、すべてのコンプリケーションをOFFにし、カラーを赤にすると、 暗闇でもまぶしくない、映画館向けのデザインを作ることができます。 これを登録しておき、映画館に入るときに呼び出せば、周りにも迷惑かけずに済みます。

文字盤の一覧表示と整理

iPhone 作成/カスタマイズした文字盤の一覧は、ペアリングしたiPhoneの (Watch)-[マイウオッチ]の「マイ文字盤」欄で確認できます。 ここで右上の「編集」をタップすると・・・
iPhone このような画面になります。 をタップすると「削除」ボタンが表示され、それをタップするとその文字盤を削除できます。
文字盤の右端の を上下にドラッグすると、表示順序を変更できます。
最後に画面右上の「完了」をタップすると編集結果が保存されます。

文字盤ギャラリーでカスタマイズする

iPhone 文字盤のカスタマイズは、ペアリングしたiPhoneの (Watch)-[文字盤ギャラリー]でも行えます(iOS10,watchOS3以降)。 多くのサンプルとなる文字盤が並んでいます。このなかからお気に入りの文字盤を選びます。
iPhone するとカスタマイズ画面になります。Apple Watchと同様にカスタマイズできます。 最後に「追加」をタップすると「マイ文字盤」に追加されます。 あとはApple Watchで画面を左右にフリックすれば、カスタマイズした文字盤に切り替えられます。

意図的に時間を進める

iPhone
Apple WatchはiPhoneと同期してインターネットのタイムサーバから常に正確な時間を読み込みます。 しかしこれを意図的に進めることができます。 (設定)-[時間]画面で「+0分」と書かれているところをタップすると図のような変更画面になります。 デジタルクラウンをまわすと、最大+59分まで、分単位で進めることができます。
なお、ここで変更されるのは文字盤の表示だけです。 アラームその他時刻に関係する機能は、すべて正しい時刻で動作します。

もっとApple Watchのことを知りたい