Apple Watchのカメラの使い方

Apple Watchを使って、ペアリングしたiPhoneのシャッターを切ることができます。
iPhone ホーム画面から(カメラ)を起動すると、iPhoneでもカメラアプリが起動します。 画面をタップすると、そこにフォーカスを合わせることができます。 シャッターボタンマークをタップ、またはサイドボタンをプッシュすると写真を撮影することができます。 Bluetooth接続により、最大約10m離れたところからiPhoneのシャッターを切ることができます。
画面右下の「3s」と書かれているところをタップすると、3秒のセルフタイマーが起動します。 このとき同時に複数の写真が連続撮影されます。 iPhoneの (写真) アプリで、最高の一枚を選んでください。
撮影した写真はすぐさまiPhoneの (写真) に格納されます。 また、画面左下のサムネイルをタップすると、直前に撮影した写真を確認することができます。 左右にスワイプするとほかの写真を確認することができます(複数撮影時)。 またデジタルクラウンで拡大縮小、画面をドラックで表示位置の移動、写真のタップで「閉じる」ボタンの表示ができます。
iPhone 画面を強く押すとこのようなメニューが現れます。 フロント/リアカメラの切り替え、フラッシュのON/OFF、HDR撮影のON/OFF、Live Photos撮影のON/OFFが指定できます。

もっとApple Watchのことを知りたい