Apple Watchでリラックス:呼吸アプリの使い方

iPhone Apple Watchを使っていると、時々このような通知が来ます。 こんな時は一休みして「呼吸」をタップしましょう。
iPhone Apple Watchが深呼吸を手伝ってくれます。 デジタルクラウンを回すと、深呼吸の継続時間を、1 分から 5 分までの間で設定できます。 「開始」をタップすると深呼吸をスタートします。
iPhone 画面のアニメーションに合わせて、ゆっくりと深呼吸しましょう。
iPhone 終わると現在の心拍数を表示してくれます。
iPhone (Watch)-[マイウオッチ]-[呼吸]画面で各種設定ができます。 「呼吸」の通知を止めたいときは「呼吸リマインダー」を「なし」にします。 深呼吸のスピードは「呼吸の頻度」で指定できます。 「前回の継続時間を使用」を タッチパネル:ON(オン) にすると、デジタルクラウンを回して設定した深呼吸の継続時間が毎回使用できます。
iPhone 実践した深呼吸の回数は、自動的にiPhoneの (ヘルスケア)-[ヘルスケアデータ]-[マインドフルネス]に記録されていきます。

もっとApple Watchのことを知りたい