Apple Watchのアラーム・世界時計・ストップウオッチ・タイマー

Apple WatchにもiPhoneや普通のデジタル腕時計同様、アラーム・世界時計・ストップウオッチ・タイマーが搭載されています。 機能や使い方はiPhoneのものとほぼ同じです。 加えてiPhoneで起動したアラーム・タイマーの通知もApple Watchで受け取ることができます。
これら時計機能はApple Watchに内蔵されており、iPhoneとの接続が切れていても使用可能です。

iPhoneとの同期

iPhone (Watch)-[マイウオッチ]-[時計]画面で、各種設定ができます。 便利なのは「iPhoneからの通知をプッシュ」で、これがONになっていると、iPhoneでスタートしたアラーム、タイマーもApple Watchでコントロールできます。

アラーム

iPhone ホーム画面から(アラーム)をタップするとアラームが起動します。 アラームはiPhoneとは同期されません。Apple Watchには独立したアラームが設定できます。 新しいアラームを設定するには、アラーム画面を強く押します。 するとこのような画面になるので、「新規」をタップします。
iPhone 時間、分をタップし、デジタルクラウンを回すと時刻を設定できます。 そして「セット」をタップします。
iPhone するとこのような画面になります。 繰り返しの有無、ラベル(名前)、スヌーズの有無、が指定できます。この辺りはiPhoneと同じですね。 なお、アラームの音色は変更できません。 また、Apple Watchを「消音」モードにすると、アラームも音はならず、振動だけの通知となります。
iPhone アラームはiPhone同様複数登録して名前を付け、個別にON/OFFできます。
iPhone 不要になったアラームは、詳細画面の一番下にある「削除」をタップすれば削除できます。

世界時計

iPhone ホーム画面から(世界時計)をタップすると世界時計が起動します。 画面をドラッグまたはデジタルクラウンを回すと、登録済みの他の都市の時刻が見られます。
世界時計はiPhoneの設定がそのまま引き継がれます。 都市を追加したいときは、iPhoneで (時計)アプリを起動して追加します。
iPhone 画面左上の「今日」タップすると、各都市の現在時刻が一覧表示されます。
iPhone なお、都市名の略称はiPhoneの (Watch)-[マイウオッチ]-[時計]-[都市名の短縮形]で変更できます。

ストップウオッチ

iPhone ホーム画面から(ストップウオッチ)をタップするとストップウオッチが起動します。 使い方はシンプル、左下のボタンをタップするたびにスタート・ストップし、右下のボタンをタップするたびにラップ(再スタート)します。 停止中に右下のボタンをタップするとリセットします。
ストップウオッチは最大11時間55分まで計測可能です。
iPhone 計測中は白いボタンをタップするたびにラップタイムを記録します。 赤いボタンをタップすると計測終了です。
iPhone 画面を下から上へスワイプすると、このような画面になります。 ラップタイムがデジタル表示で確認できます。 最速タイムにはグリーンのマーク、最遅タイムにはレッドのマークがつきます。
iPhone ストップウオッチの画面を強く押すとこのような画面になります。 デザインを4種類の中から選ぶことができます。 いずれも機能・操作は同じです。
iPhone 少し変わっているのが「グラフ」デザインです。 ラップタイムが次々とグラフ表示されていきます。 これはスマートウォッチならではの表示です。

タイマー

iPhone ホーム画面から(タイマー)をタップするとタイマーが起動します。 「1分」「3分」~「2時間」まで、8種類のプリセットタイマーが準備されているので、タップするだけでスタートします。
iPhone タイマー画面をスクロールすると、一番下に「カスタム」という項目があります。
iPhone 「カスタム」では、好きな時間のタイマーが設定できます。 時間、分をタップし、デジタルクラウンを回すと時刻を設定できます。 そして「開始」をタップすればスタートです。 なお、タイマーは複数持つことはできません。
iPhone 「カスタム」では、画面を強く押すと、12時間計/24時間計を切り替えることができます。

もっとApple Watchのことを知りたい