iPhoneにSoftbankのメールを設定する方法

ソフトバンクモバイルの通信契約をしたiPhone/iPad(Cellularモデル)シリーズでは、電子メールサービスであるEメール(i)、MMS、SMSが使用できます。 ここでは新しいiPhone/iPadに、このEメール(i)、MMS、SMSを設定する手順を紹介します。

ソフトバンクモバイルの携帯電話Eメールについて

iPhone/iPad(Cellularモデル)でソフトバンクモバイルの通信契約をすると、ソフトバンクモバイルから、以下の3種類のEメールアドレスがもらえます。
Mail Eメール(i)
パソコンの「Eメール」と互換性のある「インターネットメール」のアドレスです。 世界中のメール端末と自由にメールのやりとりができます。「@i.softbank.jp」のメールアドレスが付与されます。 音声や画像、その他いろいろなファイルを添付することができます。 送信可能なデータ量は1MB以下、保存期間は無期限、保存件数は最大5,000件(200MB)です。
プッシュ通知に対応しており、受信するとホーム画面に通知されます。
SMS/MMS MMS(Multimedia Messaging Sevice)
いわゆるケータイメールです。主に携帯電話同士の通信のために開発されたメールシステムです。 音声や画像を添付することができます。 ソフトバンクモバイルのS!メールと互換性があります。「@softbank.ne.jp」のメールアドレスが付与されます。 送信可能なデータ量は300KB以下、保存期間は最長30日、保存件数は最大100件です。
SMS/MMS SMS(Short Message Service)
携帯電話同士で短文を送受信するために開発されたメールシステムです。端末の電話番号をアドレスとして通信します。 送信可能な文字数は最大140オクテット(7ビットの英数字で160文字、日本語などの2バイト文字で70文字)です。 特に何も設定する必要なく使用可能です。
SMSは、長らく国内では同一キャリア内でしか使えませんでしたが、2011年7月13日から、海外同様キャリア間でもメールをやりとりできるようになりました。 また、SMS/MMSは基本的に携帯電話間でのみ有効なメールサービスですが、MMSについては、パソコンからも、送信先携帯電話のMMSメールアドレスを指定して送信することも可能です。
送信先の相手が利用しているサービスに合わせて使い分けましょう。 以降、順にこれらのメールの設定方法を説明していきます。
なお、これら以外の、“Gmail”やパソコンで使用しているEメールをiPod/iPad/iPhoneに設定する方法については Eメールの使い方のページで紹介しています。 ご参照ください。

設定(0):「ソフトバンクWi-Fiスポット」との同時設定

iPhone 「ソフトバンクWi-Fiスポット」に加入した人は、この設定を行うことにより、Eメール(i)も同時に設定されます。 まずはソフトバンクWi-Fiスポットの設定を試して下さい。 なお、MMSの設定は別となります。「ソフトバンクWi-Fiスポット」の設定が終わったら、つづいて MMSの設定も実施してください。

設定(1):メールアドレスの変更

「ソフトバンクWi-Fiスポット」との同時設定を行わない場合は、下の手順に従って手動設定します。
PC ソフトバンクモバイルからiPhone/iPad(Cellularモデル)を買うと、図のようなEメール(i)の設定情報が紙でもらえます。
また、iPhone/iPad(Cellularモデル)を起動し、 ショートメール(iMessage/SMS/MMS) をタップすると、ソフトバンクモバイルから3件のメッセージが届いています。 このうち「アカウント情報」というタイトルのメッセージが、Eメール(i)の設定情報です。
iPhone それでは設定を始めましょう。設定はiPhone/iPad(Cellularモデル)本体のみで完結します。
設定を行うときは、ソフトバンクモバイルのユーザーであることを確認するため、必ず携帯電話ネットワークからアクセスする必要があります。 まずは 設定-[Wi-Fi]-[Wi-Fi]メニューで、 タッチパネル:OFF(オフ) にして、無線LAN接続を切断してください。
iPhone つづいてSafari(サファリ)を起動します。 するとこのような画面になります。 ブックマーク(お気に入り)の一覧が表示されます。
もしこの画面になっていないときは、画面右下の Book Mark(本) マークをタップしてください。

このなかから「My SoftBank」を選択します。
もし「My SoftBank」が登録されていない場合は、直接URL http://my.softbank.jp/msb/d/top を入力しても構いません。
iPhone 「My SoftBank」には、ソフトバンクモバイルのトップページからも入れます。 「My SoftBank」をタップします。
iPhone するとこのような画面になります。「My SoftBankにログイン」をタップします。
2014年3月より、パスワードの入力などなしでログインできるようになりました。
iPhone ログインするとこのような画面になります。「メール設定」をタップします。
iPhone 「メール設定」画面をスクロールすると、このような画面が現れます。 「Eメール(i)」の「設定する」をタップします。
iPhone するとこのような画面になります。 「My SoftBank」のパスワードを入力します。
iPhone するとこのような画面になります。 「メールアドレス変更」をタップします。
iPhone 「新しいメールアドレス」の入力欄をタップすると、キーボードが表示されます。 任意のメールアドレスを入力します。
iPhone/iPad(Cellularモデル)のEメールは、ケータイメールとは異なり、パソコンと同じ「インターネットメール」です。 メールアドレスとして使用できる文字は、インターネットメールに準じます。
また、ここで設定したメールアドレスが、次回からの「My SoftBank」のメールアカウント管理画面のログインIDになります (My SoftBankそのもののログインIDではありません)。 メールアドレスを設定・変更したら、忘れないよう控えておきましょう。
注意: ソフトバンクモバイル Eメール(i)のメールアドレスは、一度変更すると、その後30日間は変更できません。
iPhone 確認画面が表示されます。「変更」をタップすれば変更完了です。
変更に成功すると、すぐさまショートメールでその旨が通知されます。これで変更終了です。 しかし、ここまででは、ソフトバンクに登録されているメールのアドレスを変更しただけです。
つづいてiPod/iPad/iPhoneのメールソフトに、このメールアドレスを設定しましょう。

設定(2):メールアカウントの設定

それでは早速変更した新しいメールアドレスをiPhone/iPad(Cellularモデル)のメールソフトに設定しましょう。
iPhone Mail(メール)をタップするとこのような画面になります。 ソフトバンクモバイル Eメール(i)を設定する場合は「その他」を選びます。
なお、この画面が現れなかったときは設定-[メール/連絡先/カレンダー]-[アカウントを追加...]を選びます。
iPhone つづいてこのような画面になるので「メールアカウントを追加」を選びます。
iPhone 下記の各項目を入力します。すべてを入力したら、右上の「次へ」をタップします。
名前
あなたの名前を入力します。相手には、送信者の名前として、ここに入力した名前が表示されます。
メール
上で変更したソフトバンクモバイル Eメール(i)のメールアドレスを入力します。
パスワード
Eメール(i)の設定情報に書かれていたパスワードを入力します。
説明
自動的に「アドレス」に設定したものと同じ文字列が入ります。 これはiPod/iPad/iPhoneに複数のメールアカウントを設定したときに、それぞれを区別するのに使います。 たとえば「ソフトバンクメール」とかに変更しておいても良いかもしれません。
iPhone このあと、iPod/iPad/iPhoneは設定されたメールサーバーに接続しに行きます。 そしていくつかの確認画面が出た後で、設定完了となります。
Settings(設定)の「メール/連絡先/カレンダー」を選ぶと、このように設定されたメールアカウントの一覧が確認できます。
設定を変更する場合は、このなかから対象のアカウントをタップして、設定画面を開いて行います。 詳しくはEメールアカウントの詳細設定をご覧下さい。

通知センターへの対応

Eメール(i)は、2013年12月10日から「通知センター」のメール件名・本文表示に対応しました。 「通知のスタイル」「ロック中の画面に表示」「プレビューを表示」の設定ができるようになりました。
2013年12月10日以前にソフトバンクモバイルと契約し、Eメール(i)の設定を済ませてしまったユーザーのもとには、順次左のようなお知らせが届いているはずです。 ここで指定されている説明に従って、設定を行ったうえで「通知センター」の設定を見直しましょう。

ソフトバンクモバイル MMSの設定

Eメール(i)の設定が終わったら、今度は音楽や映像なども送受信できるMMS(Multimedia Messaging Sevice)の設定を行ってみましょう。
iPhone それでは設定を始めましょう。
まず、Eメール(i)の設定と同じく「My SoftBank」の画面からログインしてください。 Safari(サファリ)のお気に入りから「My SoftBank」を選択します。 そして「メール設定」をタップします。
iPhone このような画面になります。 「SMS/MMS」欄の「設定する」をタップします。
iPhone するとこのような画面になります。 ソフトバンクからその電話番号に割り当てられている、初期のMMSメールアドレスが表示されています。 「メールアドレスの変更(送信時の設定)」の右にある「変更する」ボタンをタップします。
iPhone メールアドレスの変更画面になります。 「変更する」をタップしてマークし、その下のテキストボックスに、希望するメールアドレスを入力します。 そしてこの画面の下の方にある「次へ」ボタンをタップします。 すると変更内容の確認画面になります。 間違いがなければ「設定する」ボタンをタップします。
変更に成功すると、すぐさまショートメールでその旨が通知されます。これで変更終了です。 しかし、ここまででは、ソフトバンクに登録されているMMSメールアドレスを変更しただけです。
つづいてiPod/iPad/iPhoneに、このメールアドレスを設定しましょう。
iPhone つづいて変更したMMSメールアドレスを「メッセージ」に設定します。
設定(設定)画面から「メッセージ」を選びます。
iPhone 「MMSメッセージ」を タッチパネル:ON(オン)にし、 「MMSメールアドレス」欄に変更したMMSメールアドレスを入力すればOKです。
以上でMMSの設定は完了です。
MMS受信時のサウンドは、 設定(設定)-[サウンド]で変更できます。(iOS5.0から)

MMSメールボックスの確認

下記の無料アプリ「新着MMS受信」を使うと、すでに準備されているMMSメールボックスの確認ができます。
  • 新着MMS受信

    iPhone

    ソフトバンクモバイル ユーティリティ 無料

    iPhone OS 3.0から対応したソフトバンクモバイルのMMSのメールをメールセンターから受信するためのアプリです。 2009年6月15日より、順にiPhone 3Gをご利用のお客さま全員のMMSのメールボックスが設置されており、お客さまがiPhone OS 3.0ソフトウェアにアップデートする以前に、メールがメールボックスに届いている可能性がありますので、本アプリをダウンロードして、ご確認されることをお勧めします。 また、長時間電源を切っていた場合や、海外旅行から帰ってきた後などで、メールをすぐに確認したい時にもご利用ください。

メールの着信音の設定

メールの着信音/着メロは、手持ちの音楽ファイルから、簡単に自分で作ることができます。 この方法については、 着メロの入手/設定方法のページで解説しています。

メールの着信通知の設定

Eメール着信通知の方式は、そのサービスを提供する会社(サービスプロバイダ)/システムにより、「プッシュ」「フェッチ」の2種類に分かれます。 プッシュ通知に対応していないEメールサービスでも、それをプッシュ通知に対応したEメールサービスに転送すると、即座に端末にも到着が通知されます。 また、「通知センター」を使うと、到着したメールをすぐさま確認することができます。