iPhoneにdocomoのメールを設定する方法

NTT docomoのiPhoneを購入して、spモードを契約すると、電子メールサービスであるドコモメール(@docomo.ne.jp)とSMSが使用できます。 ここでは新しいiPhone/iPadに、このドコモメール、SMSを設定する手順を紹介します。 なお、2013年12月17日以前に提供されていたspモードメールは、アドレスを変えることなくドコモメールへ移行することができます。

NTT docomoのEメールについて

NTT docomoのiPhoneを購入して、spモードを契約すると、NTT docomoから、以下の2種類のEメールアドレスがもらえます。
ドコモメール
パソコンの「Eメール」と互換性のある「インターネットメール」のアドレスです。 世界中のメール端末と自由にメールのやりとりができます。「@docomo.ne.jp」のメールアドレスが付与されます。 音声や画像、その他いろいろなファイルを添付することができます。 もともとMMSサービスとして「iモードメール」として提供されていたサービスがインターネットメールに移行したものです。 これまで「iモードメール」「spモードメール」を使用していた人は、アドレスそのままで「ドコモメール」に移行できます。 ドコモメールはIMAPプロトコルを利用しており、従来のspモードメールより高機能なサービスで、 NTT docomoの携帯電話/iPhoneだけでなく、iPad/iPod touch、そしてパソコンからも「ドコモメール」が送受信できます。
サーバーのメール保存容量は1GBで、これを超えるときは、最も古い日時のドコモメール(未読メールを含む)から自動的に削除されます。
2013年秋現在、プッシュ通知には非対応ですが、リアルタイム受信通知ができます。
MMS(Multimedia Messaging Sevice)
いわゆるケータイメールです。主に携帯電話同士の通信のために開発されたメールシステムです。 音声や画像を添付することができます。 NTT docomoのiPhoneでは使用できません。
SMS(Short Message Service)
携帯電話同士で短文を送受信するために開発されたメールシステムです。端末の電話番号をアドレスとして通信します。 送信可能な文字数は最大140オクテット(7ビットの英数字で160文字、日本語などの2バイト文字で70文字)です。 特に何も設定する必要なく使用可能です。
SMSは、長らく国内では同一キャリア内でしか使えませんでしたが、2011年7月13日から、海外同様キャリア間でもメールをやりとりできるようになりました。 また、SMS/MMSは基本的に携帯電話間でのみ有効なメールサービスですが、MMSについては、パソコンからも、送信先携帯電話のMMSメールアドレスを指定して送信することも可能です。
送信先の相手が利用しているサービスに合わせて使い分けましょう。 以降、順にこれらのメールの設定方法を説明していきます。
なお、これら以外の、“Gmail”やパソコンで使用しているEメールをiPod/iPad/iPhoneに設定する方法については Eメールの使い方のページで紹介しています。 ご参照ください。

「ドコモお客様サポート」の開き方

iPhone NTT docomoのiPhoneからのアクセスであることを示すため、Wi-Fiからの設定はできません。 まず最初に無線LAN接続を一時的に切ります。 設定-[Wi-Fi]-[Wi-Fi]メニューで、 タッチパネル:OFF(オフ) を選びます。
iPhone Safari(サファリ)を起動します。 するとこのような画面になります。 ブックマーク(お気に入り)の一覧が表示されます。 もしこの画面になっていないときは、画面右下の Book Mark(本) マークをタップしてください。
このなかから「ドコモお客様サポート」を選択します。 もし「ドコモお客様サポート」が登録されていない場合は、直接URL http://smt.docomo.ne.jp/portal/support/src/support_index.htm を入力しても構いません。
iPhone 「ドコモお客様サポート」のトップページが開きます。 ここから各メニューを選択していきます。

docomo IDの取得

ドコモメールを使用するには、docomo IDの取得が必要です。 まだdocomo IDを持っていない人は、最初にこれを取得しましょう。 なお、docomo IDのIDとパスワードが、ドコモメールのIMAPプロトコルのサーバーへのログインIDとパスワードとなります。 忘れたり、他人に知られたりしないようにしましょう。
iPhone まず「ドコモお客様サポート」のトップページを開きます。 このなかから「サービス・メールなどの設定」をタップします。
iPhone するとこのような画面になります。 「docomo IDメニュー」をタップします。
iPhone すでにdocomo IDを取得済みの人は、ここにdocomo IDが表示されています。 この先の手続きは必要ありません。
docomo IDを取得していない人は、ここで「docomo IDを発行する」ボタンが表示されます。 これをタップすると新規docomo IDが取得できます。 このあと画面の指示に従い「ネットワーク暗証番号」(契約時などにドコモに申請した4桁の番号)などの情報を入力するとIDが取れます。
注意:すでにNTT docomoの携帯電話でドコモメール/spモードメールを使っている場合、docomo IDの変更を行うと、サーバーに残っているこれまでの送受信メールは削除されてしまうのでご注意ください。 事前に携帯電話でメールアプリを起動して、送受信を完了させておいてください。

メールアドレスの変更

初めてNTT docomoと契約すると、ランダムな英数字を組み合わせたメールアドレスがもらえます。まずはこれを変更しましょう。 すでに「iモードメール」「spモードメール」を使用していて、メールアドレスの変更が必要ないときはこの手順はスキップしてください。
注意:すでにNTT docomoの携帯電話でドコモメール/spモードメールを使っている場合、メールアドレスの変更を行うと、サーバーに残っているこれまでの送受信メールは削除されてしまうのでご注意ください。 事前に携帯電話でメールアプリを起動して、送受信を完了させておいてください。 また、メールアドレスの変更は、1日に3回まで実施可能です。
iPhone まず「ドコモお客様サポート」のトップページを開きます。 このなかから「サービス・メールなどの設定」をタップします。
iPhone するとこのような画面になります。 「メール設定」ボタンをタップします。
iPhone このような画面になります。 「希望アドレス」をタップします。
iPhone このような画面になります。スクロールすると・・・
iPhone このような画面になります。「設定する」をチェックして「次へ」をタップします。
iPhone ここで、設定したいメールアドレス(「@docomo.ne.jp」の前の部分)を入力します。 無事希望通りのアドレスが取れましたか?

メールアカウントの設定

ここでは、過去に別のiPhoneで「ドコモメール」を使っていた人が機種変更した場合、および 今まで「spモードメール」を使っていなかった人が、「ドコモメール」を設定する方法を説明します。 今まで「spモードメール」を使っていた人が「ドコモメール」に移行する方法については spモードからドコモメールへの移行 のページをご覧ください。
iPhone まず「ドコモお客様サポート」のトップページを開きます。 このなかから「プロファイル設定」をタップします。
iPhone このような画面になります。 「iPhone初期設定」ボタンをタップします。
iPhone するとこのような画面になるので、スクロールします。 なお2回目以降の再設定の場合はこの画面は出ません。 ドコモメール利用設定の画面までスキップされます。
iPhone docomo IDとそのパスワード入力画面になります。 入力したら「次へ進む」をタップします。
最初は[テンキー(携帯タイプ)]のキーボードが選択されています。 もし、英字が入力しづらい場合は[英語フルキーボード]に切り替えましょう。 タッチパネルモデルのキーボードの詳しい使い方は 文字入力の方法/キーボードの使い方のページで紹介しています。ご参照ください。
iPhone このような画面になります。画面をスクロールすると・・・
iPhone このような画面になります。 「メッセージS利用許諾内容に同意する」のチェックボックスがチェックされていることを確認し、「次へ」をタップします。
iPhone ドコモメール利用設定
画面にはあなたのドコモメールアドレスが表示されているはずです。
「メッセージR/S」とは、従来のspモードメールを使って、NTT docomoからニュース速報やお得な情報が自動的に届くサービスです。 メッセージの種類にはメッセージS(スペシャル)、メッセージF(フリー)とメッセージR(リクエスト)があります。
iPhone 「設定する」を選択したうえで、画面の下のほうにある「次へ」をタップします。
iPhone 「設定する」を選択すると画面が切り替わり、このようになります。 画面右上の「インストール」をタップします。
iPhone iPhone本体にパスコードを設定している場合は、パスコードの入力を求められるので入力します。
iPhone このような警告が表示されたら画面右上の「インストール」をタップします。
iPhone このような確認画面になるので再度「インストール」をタップします。
iPhone つづいて「フルネーム」の入力を求められます。 ここで入力した「フルネーム」は、相手の画面に「送信者名」として表示されます。 この設定は後から変更可能です。
ただし相手の「連絡先」にあなたのドコモメールアドレスが登録されていた場合は、相手の「連絡先」の「名前」で表示されます。
注意: この名前に半角スペースが含まれていると、送信時にUser unknownのエラーになります。半角スペースは入れないよう注意しましょう。
iPhone つづいてこのような画面になります。画面右上の「完了」をタップします。
iPhone このような画面になると設定完了です。
iPhone ホーム画面には15個のNTT docomoのWebサイトへのショートカット(Web Clip)が勝手に追加されています。 これらは不要なので、削除してしまいましょう。
iPhone ホーム画面に戻り、 Mail(メール)アプリを起動すると「ドコモメール」のメールボックスとアカウントが追加されいているのが確認できます。 Eメール受信時のサウンドは、 設定(設定)-[サウンド]で変更できます。
iPhone ドコモメールの新着メールお知らせの設定
つづいてリアルタイムで受信通知が届く「ドコモメールの新着メールお知らせ」の設定も行いましょう。 詳しくはドコモメールの新着メールお知らせの設定のページをご覧ください。
以上でNTT docomoのspモードメールからドコモメールへの移行は完了です。 Safari(サファリ)は閉じてしまってもOKです。 またWi-Fiは タッチパネル:ON(オン) に戻してもOKです。

ドコモメールの新着メールお知らせの設定

iPhone まず「ドコモお客様サポート」のトップページを開きます。 このなかから「サービス・メールなどの設定」をタップします。
iPhone するとこのような画面になります。 「メール設定」ボタンをタップします。
iPhone メールに関する各種設定メニューが現れます。 「新着メールお知らせ設定」をタップします。
iPhone このような画面になります。スクロールして・・・
iPhone 「受け取る」をタップして、spモードのパスワードを入力し、「確認する」をタップします。
iPhone このような確認画面になるので、設定内容を確認の上「設定を確定する」をタップします。
iPhone このような画面になると設定完了です。
iPhone 新着メールがあるとすぐさま画面にこのようなメッセージが表示されます。 ここで Mail(メール)アプリを起動すると、 着信したメールがiPhoneにダウンロードされ、読むことができます。

ドコモメールの詳細設定

iPhone 「ドコモメールメール」の詳細設定は 設定-[メール/連絡先/カレンダー]メニューの「ドコモメール」から行います。
iPhone このような画面になります。 メール受信のオン/オフを切り替えることができます。 「アカウント」欄の自分のメールアドレスをタップすると・・・
iPhone このような画面になります。送信者名などを変更できます。 この画面の下のほうにある「詳細」をタップすると・・・
iPhone 削除したメールの処理方法などが指定できます。 詳しくはEメールアカウントの詳細設定をご覧下さい。
iPhone サーバーへのアクセス頻度の設定
ドコモメールはプッシュ通知に対応していないので、初期設定のままでは、メールアプリを起動するまでメールがiPhoneにダウンロードされません。 通知センターを使って、サーバーへのアクセス頻度の設定や着信の通知方法を設定しましょう。

ドコモメール、メッセージR/S、spモードメールの設定の削除

iPhone 今後「ドコモメール」「メッセージR/S」「spモードメール」の利用をやめたいとき、メールアドレスを変更したとき、または設定をやり直したいときは、設定を削除します。 設定-[一般]メニューで、「プロファイル」をタップします。
iPhone このように、iPhoneにインストール済みのプロファイル(設定)の一覧が表示されます。 「ドコモメール」の設定を削除するときは「ドコモメール利用設定」を、 また「メッセージR/S」の設定を削除するときは「メッセージR/S利用設定」を、 「spモードメール」の設定を削除するときは「spモード利用設定」を タップします。
iPhone するとこのような画面になるので「削除」をタップします。 今後は「ドコモメール」「メッセージR/S」「spモードメール」には接続しなくなります。
再度これらのサービスを利用したくなった時は、 もう一度本ページの手続きをやり直すだけでOKです。

spモードからドコモメールへの移行

2013年12月17日以前からspモードメールを使用しているユーザーは、同じアドレスのままドコモメールへ移行することができます。
iPhone まず「ドコモお客様サポート」のトップページを開きます。 このなかから「プロファイル設定」をタップします。
iPhone するとこのような画面になります。 画面を少し下にスクロールして・・・
iPhone 「ドコモメール利用設定」ボタンをタップします。
iPhone このような画面になります。画面をスクロールすると・・・
iPhone docomo IDとそのパスワード入力画面になります。 入力したら「次へ進む」をタップします。
最初は[テンキー(携帯タイプ)]のキーボードが選択されています。 もし、英字が入力しづらい場合は[英語フルキーボード]に切り替えましょう。 タッチパネルモデルのキーボードの詳しい使い方は 文字入力の方法/キーボードの使い方のページで紹介しています。ご参照ください。
iPhone このような画面になります。画面をスクロールすると・・・
iPhone このような画面になります。 「メッセージS利用許諾内容に同意する」のチェックボックスがチェックされていることを確認し、「次へ」をタップします。
iPhone ドコモメール利用設定
画面にはあなたのドコモメールアドレスが表示されているはずです。
「メッセージR/S」とは、従来のspモードメールを使って、NTT docomoからニュース速報やお得な情報が自動的に届くサービスです。 メッセージの種類にはメッセージS(スペシャル)、メッセージF(フリー)とメッセージR(リクエスト)があります。
iPhone 「設定する」を選択したうえで、画面の下のほうにある「次へ」をタップします。
iPhone 「設定する」を選択すると画面が切り替わり、このようになります。 画面右上の「インストール」をタップします。
iPhone iPhone本体にパスコードを設定している場合は、パスコードの入力を求められるので入力します。
iPhone このような警告が表示されたら画面右上の「インストール」をタップします。
iPhone このような確認画面になるので再度「インストール」をタップします。
iPhone つづいて「フルネーム」の入力を求められます。 ここで入力した「フルネーム」は、相手の画面に「送信者名」として表示されます。 この設定は後から変更可能です。
ただし相手の「連絡先」にあなたのドコモメールアドレスが登録されていた場合は、相手の「連絡先」の「名前」で表示されます。
注意: この名前に半角スペースが含まれていると、送信時にUser unknownのエラーになります。半角スペースは入れないよう注意しましょう。
iPhone つづいてこのような画面になります。画面右上の「完了」をタップします。
iPhone ホーム画面に戻り、 Mail(メール)アプリを起動すると「ドコモメール」のメールボックスとアカウントが追加されいているのが確認できます。 Eメール受信時のサウンドは、 設定(設定)-[サウンド]で変更できます。
iPhone ドコモメールの新着メールお知らせの設定
つづいてリアルタイムで受信通知が届く「ドコモメールの新着メールお知らせ」の設定も行いましょう。 詳しくはドコモメールの新着メールお知らせの設定のページをご覧ください。
以上でNTT docomoのspモードメールからドコモメールへの移行は完了です。 Safari(サファリ)は閉じてしまってもOKです。 またWi-Fiは タッチパネル:ON(オン) に戻してもOKです。

送信時にエラーになる!?

iPhone Eメールの設定で「フルネーム」に入力した自分の名前に半角スペースが含まれていると、送信時にUser unknownのエラーになります。半角スペースは入れないよう注意しましょう。

iPad/iPod/パソコンでドコモメールを使う

ドコモメールはGmailなどと同じIMAPプロトコルを使った普通のインターネットメールサービスなので、iPad/iPad mini/iPod touchやパソコンのメールソフトでも使用可能です。 詳しくは下記のページをご覧ください。

メールの着信音の設定

メールの着信音/着メロは、手持ちの音楽ファイルから、簡単に自分で作ることができます。 この方法については、 着メロの入手/設定方法のページで解説しています。

メールの着信通知の設定

Eメール着信通知の方式は、そのサービスを提供する会社(サービスプロバイダ)/システムにより、「プッシュ」「フェッチ」の2種類に分かれます。 プッシュ通知に対応していないEメールサービスでも、それをプッシュ通知に対応したEメールサービスに転送すると、即座に端末にも到着が通知されます。 また、「通知センター」を使うと、到着したメールをすぐさま確認することができます。